仕事のストレスで落ち込んだ金曜の夜間ドライブ

仕事のストレスで落ち込んだ金曜の夜間ドライブ

車を買ってから仕事の悩みは車をドライブすることで晴らすことをよくやっていました。

 

 

 

よく都心の会社員が仕事に疲れすぎて降りるべき駅を通り過ぎて電車に乗り続けてみたり、はなっから電車を乗る方向をいつもと逆にしてみて日常から解放される、それと同じようなことを車でやっていました。

 

 

 

さすがに会社をサボっての逃亡はなかやか決心がつかなかったですが、金曜の深夜まで残業した後に疲れた体を無視して普段行くことのないような港や山奥までドライブをして気を紛らわせていました。

 

 

翌日は休みなので多少無理してもいいですし、眠気が耐えきれないところまで来るならば仮眠してから帰れば良いですし、電車で遠出するよりも自由がたくさんあるのが良いところでした。

 

 

 

ある時も上司には無理難題を出され、取引先に小言を言われてほぼ自分の責任でないところで深夜まで残業して日付の変わる時間まで一人で残ってから営業所を後にしました。

 

 

 

駐車場に一台だけ残っていた私の車を見ると、なんだかこいつだけはどんなに時間がかかったり大変なことがあってもここで待ってくれているんだなと思えてより愛着が出てきました。

 

 

 

たまには知らないところへお前を連れて行ってやると思って、いつも行くところから更に離れた港町へ行ってぼんやりと沖合に浮かぶ船の灯りを車の中から眺めました。気がつくと眠っていたようで、早朝に水揚げした海産物を扱う市場が近くにあったために海産物を採れたてで食べて家路へつきました。これを何度も繰り返しながらストレスが爆発する前に解消できていたからなんとかイライラを抑えて毎日を過ごせたように思いますね。

 

 

 

まさに愛車が相棒そのものだったとその時を振り返って思います。

 

 

今後は借金の話なども語っていきたいと思っています。

 

 

簡単にできるお金を節約して貯金

 

 

世の中お金が全てではありませんが、お金が沢山あるに越したことはありません。

 

お金がたくさんあればそれだけ生活にゆとりが生まれてのびのびと暮らすことができます。

 

しかし給料が急に今の2倍に3倍にと増えていくことは現実的ではありません。

 

お金を増やしたいのであれば支出を減らして貯金をするという方法が最も現実的な方法であると言えます。

 

そこで誰でも簡単にできる節約方法について書いてみたいと思います。

 

まずは支出を減らすためには身近なものから見直して行くことが重要です。

 

そこで最初は電気・水道をから見直していきます。

 

基本的なこととして電気の付けっぱなしや水の出しっぱなしはやめる。使ってない家電製品のコンセントは抜くといったことを徹底します。

 

その上で3日に1度だけなど数日に一度でも湯船にお湯を張らずシャワーだけの日を作ると水道代を節約することができます。

 

次に食費を見直します。自炊をせずにお弁当などを買う機会が多いのであればなるべく自炊をするようにしたほうがいいです。

 

流石に毎日は厳しいというのであれば数日に1回からでもいいので自炊する機会を増やした方がいいです。

 

ここまで見直しが出来たらあとはお金の使い方を変えることです。

 

給料が入った時に特に使い道を決めないでおくとなんとなくお金を使って散財してしまいます。

 

そこで給料が入った段階で家賃や光熱費などある程度の必要経費を予測して給料から引きます。この辺は毎月の支払いなどを見れば予測するのはそこまで難しくありません。

 

必要経費を引いた給料からさらに目標貯金額を予備金として引いて残ったお金を生活費に当てます。

 

始めから使えるお金に制限を設けることで散財を防ぎお金を節約する意識が身に付きます。ちなみにお葬式など予定外の出費が発生した場合は予備金を使います。

 

あとは買い物の際にはチラシを見てある程度買うものを決めてから必要最低限のお金を持って出かければ無駄遣いの防止になります。

 

これらの方法を実行すれば誰でも無駄遣いを減らして貯金できるようになるので試してみてください。

 

 

 

お金がない時の解決策.com

 

 

お金がないのであれば、解決策を学ぶ必要性がありますよね。