好きなものにお金をかけたくてアルバイトに熱中

好きなものにお金をかけたくてアルバイトに熱中

私は高校生の頃から演劇を始め、進学も演劇のために行い、外部の公演にも積極的に参加しつつ自分で旗揚げなどもしておりました。ただ演劇を続けるにも何かとお金がかかりますし、学校も自分が行きたいといって入学した学校なのでお金は全て自分もち、いつもお金は足りない状態で朝は学校、夕方は練習、夜中にバイトでそのまま通学といったような生活をしていました。

 

そんな生活ゆえか外部公演の練習中から体調が悪く病院に通うも過労としか診断されず、何とかなるだろうと思ってそのまま本番に挑みました。本番後におそらく緊張が解けたのでしょう、帰路に売上金を持ったまま気絶してしまい、荷物があさられてしまったためにお金が全て奪われてしまったのです。

 

運ばれた先の病院では急性肝炎といわれてしまい、劇症化する可能性が高いといわれたのです。ただ心配だったのは体調ではなくお金のほうです。私が主催していた公演の売上金でしたのでみんなに事情を話したものの、あるメンバーからはお金は要らないといってもらえたり、あるメンバーからは入院したことを苦にかけてももらえませんでした。ただお金の問題はそんなところではないとは思いますので、お金は借り入れをしてでも返済しました。

 

そこからは社会人になり、返済するお金を稼がなければならないので演劇をそのタイミングであきらめることになりました。その額も小さくないのでずっと返し続けていたのですがなかなか返済できず、最終は自己破産になりました。もちろんいろんな後悔はありますが、自分が体を壊してもやりたかったものが出来たなら、迷惑こそみんなにかけましたがそのこと自体に後悔はありません。地道に処理を指定校と今は考えています。